インタビュー『法人ニーズに合った、的確な保険に出会えた』 / ソニー生命保険株式会社 高根沢保


LIFEPLANNER VALUE
Tamotsu Takanezawa
 

インタビュー:法人ニーズに合った、的確な保険に出会えた

「頼んで良かった」それが原動力です contents 01

開業してからよく来てくれて仲良くなったよね

高根沢さんと初めて会ったのはお互い学生時代。その頃はまぁ普通の友達だったんです。その後僕は銀行マンに、彼は前職のサラリーマンになって、その間はほとんど連絡を取り合わなかったですね。

それが、僕が開業したタイミングと、彼がソニー生命に転職したタイミングが同時期で、「お互い応援したいよね」という感じで高根沢さんが店にちょくちょく来てくれて、僕も彼にお客さんを紹介してあげたりして、仲良くなっていきました。

法人ニーズに合った保険に加入

銀行マン時代に保険には加入していたのですが、起業したことでライフプランが変わったことと、法人を作ったので税金対策ということで、相談しました。

やはり自営業はサラリーマンのような老後の保障が無いので退職金・年金代わりに保険は大切です。さらに、自分に万が一のことがあったとき、事業を清算するにもお金がかかります。

ここにちゃんと備えるのは経営者としての義務だと自分としては考えているので、それをカバーできてよかったです。

飲食店経営・飲食店プロデュース 江間 正和さんプロフィール

1992年早稲田大学法学部卒業。住友信託銀行に入社し、ファンドマネージャーなどを歴任。1998年から現職。1998年から現職。著書に『ランチは儲からない 飲み放題は儲かる』、『「とりあえず、生!」が儲かる理由』
高校時代国体出場のバスケットボールは、現在もクラブチームに所属し、2週間に1回程練習されています。

江間 正和さん

「彼にはとても魅力的な人脈がある」と語る、江間さん

 

皆様との絆が、私の原動力です。

「頼んで良かった」それが原動力です contents 02
高根沢さんを紹介するとしたら? 江間 正和さん

やはり自分も入っているし、昔からよく知っているので安心して紹介できますね。しかも彼にはとても魅力的な人脈もある。
会社を経営し、資産形成などを考えている人にはぴったりだと思います。

 

高根沢からの言葉 高根沢保

彼は常に「オンリーワン」でやってきた人です。
これからもそれを追い求め、ビッグなオンリーワンになってほしいと思います。

 

皆様との大切な絆
  • voice #1 知人を救ってくれた、無償の誠意に感謝
  • voice #2 もし僕がガンになったら、絶対最初に相談しますね
  • voice #3 「この仕事を一生かけてやっていくんです」に心打たれた
  • voice #4 本当に心配してくれる。だから本音で話ができる。
  • voice #5 税金の相談にも、的確に応えてくれるんです
  • voice #6 医療法人化でも、お世話になりました
  • voice #7 スムーズな事業承継、高根沢さんのおかげです
  • voice #8 法人ニーズに合った、的確な保険に出会えた
 
ページのトップへ