インタビュー『医療法人化でも、お世話になりました』 / ソニー生命保険株式会社 高根沢保


LIFEPLANNER VALUE
Tamotsu Takanezawa
 

インタビュー:医療法人化でも、お世話になりました

「頼んで良かった」それが原動力です contents 01

確かにそれは合理的だね

51歳の時に、それまで入っていた他社の保険が「契約切り替えで月々の支払が3倍ぐらいに上がる」と言われてごたごたしていた時、弟の紹介でお会いしました。

私のニーズをお伝えすると、変額終身という保険を紹介されました。説明を聞いていくうちに私のニーズにもぴったり合っていて保険料と保障額の仕組みも「それなら合理的だね」と納得できました。

今では家族みんなと法人と、保険は全部高根沢さんにお願いしています。

医療法人化でもお世話になりました

職業柄いろんな方とお会いしますが、彼はずっと継続して来てくれて、相談に乗ってくれる。だから信頼できるんですね。

医療法人化をしたいなと思ったので、彼に電話してみたんです。そしたらすぐにいろいろな情報を教えてくれて、専門家の紹介もしてくれて、本当にスムーズに医療法人化ができました。

おかげで税法上のメリットも出ましたし、将来事業承継をする時も今から安心です。
「何かあったら高根沢さん」と頼っています。

あなたがいなくなったらみんな困るよ

だから彼には体に気をつけてほしい。仕事熱心なので、不規則な生活で体をこわさないか心配です。あなたがいなくなったらみんな困るよ。

でも彼の一生懸命なところはとても良い。これからも彼の広い知識をどんどん多くの人のために役立ててほしい。

整形外科院長・医師 野口 哲夫さんプロフィール

1975年に千葉大学大学院・医学部を卒業。1984年まで富山医科薬科大学に医師として勤務。その後富山県立リハビリテーション病院勤務を経て、1990年に開業。
整形外科は「手が動かない」「足が動かない」など、不具合が特に顕著によくわかり、生活に与える影響も大きい診療科。だからこそ責任も大きいし、治せた時は本当に嬉しい。

野口 哲夫さん

「何かあったら高根沢さんですね」と語る、野口さん

 

皆様との絆が、私の原動力です。

「頼んで良かった」それが原動力です contents 02
高根沢さんを紹介するとしたら? 野口 哲夫さん

仲間や付き合いのある人、大事な人に紹介したい。
紹介するときは、「いろいろ教えてくれるよ」、「幅広くなんでも知ってる、本当のプロだよ」、と言っています。

 

高根沢からの言葉 高根沢保

野口先生と奥様にはいつもとてもお世話になっています。
先生は患者さんにもビジネスパートナーにも常に真摯に誠実に向き合う方。私も常にそのようなプロでありたいと思っています。

 

皆様との大切な絆
  • voice #1 知人を救ってくれた、無償の誠意に感謝
  • voice #2 もし僕がガンになったら、絶対最初に相談しますね
  • voice #3 「この仕事を一生かけてやっていくんです」に心打たれた
  • voice #4 本当に心配してくれる。だから本音で話ができる。
  • voice #5 税金の相談にも、的確に応えてくれるんです
  • voice #6 医療法人化でも、お世話になりました
  • voice #7 スムーズな事業承継、高根沢さんのおかげです
  • voice #8 法人ニーズに合った、的確な保険に出会えた
 
ページのトップへ