ソニー生命だからできること / ソニー生命保険株式会社 高根沢保


LIFEPLANNER VALUE
Tamotsu Takanezawa
 

だからソニー生命は選ばれる

ソニー生命だからできること contents 01

「常識を変えてみせる」盛田昭夫の情熱から生まれた保険会社

日本の生命保険業界は、護送船団方式とよばれていたように国の厳格な管理下に置かれており、長く異業種の参入を許していませんでした。
1979年当時、アメリカ最大手のプルデンシャル社との合弁で、電機メーカーのソニーが保険業界に参入したことは大変革新的なことでした。

アメリカの保険のあり方にノウハウを学びながら、設立者であるソニーの盛田昭夫は「日本にマッチした、世界のどこにもない保険会社をつくる」という独自の構想に燃えていたのです。

「今日から生命保険が変わる。ライフプランナーが変える」

金融・財務の高度な研修を受けたコンサルタント集団をつくりあげ、個人個人にオーダーメイドで保険を提供するというシステム、それこそが「ライフプランナー」制度そのものなのです。

設立時わずか27人からスタートした「ソニー・プルデンシャル生命」のライフプランナーは、忍耐強く時間をかけてライフプランに基づく保険加入の合理性を説き、1990年代の成長の土台を築きました。

全国を結ぶライフプランナーネットワーク

ソニー生命のライフプランナーは、あなたの人生の伴走者。保険・金融のプロとしてお客さまの経済的変化を把握し、事あるごとにアドバイス。万一の際の迅速な対応はもちろん、ご家族のゆく末までしっかりと見守り続けます。

また全国には、さまざまな業種・業界の経験を持つライフプランナーがいます。ライフプランナーはひとりではありません。全国のライフプランナー相互のネットワークが、ひとりのライフプランナーのお客さまをフォローいたします。
約4,000人のライフプランナー相互ネットワーク。これも、ソニー生命の大きな強みのひとつです。

ソニー生命保険株式会社ロゴ
 

「ライフプランナー」へのこだわり

ソニー生命だからできること contents 02

ライフプランナーとは?

ソニー生命では、保険の営業に携わる者は、常にお客さまの価値観やニーズを把握し、その方の生涯(ライフ)を設計(プラン)する責任と能力を有するべきだと考えています。

営業社員を「ライフプランナー」と称し、高度な研修のもとに保険のプロフェッショナル集団を育成しているのはそのためです。

ライフプランナーは生涯の伴走者

目に見えない生命保険は、他の消費材の購入とは違います。契約してからこそが大切な信頼と長いおつきあいの始まりです。

ソニー生命のライフプランナーは生涯にわたってお客さまをご担当いたします。
保険・金融のプロとしてお客さまの経済的変化を把握し、事あるごとにアドバイス。万一の際の迅速な対応はもちろん、ご家族のゆく末までしっかりと見守り続けます。

夢をお聞かせください

まずはお客さまとお会いし、お客さまが納得するまで生命保険についての基礎知識を丁寧にご説明いたします。
その上で、お客さまの夢や資金計画をお聞かせください。

将来のイメージが具体的に描けるまで議論を深めて、はじめて真のオーダーメイドといえる保険を設計することができます。

本当に必要なものだけをご提案します

もしかすると、「今ある保険を続けることが一番ですね」という結果になるかもしれません。
あるいは、お客さまの予想より高い保険料が必要な保険をご提案することになるかもしれません。

しかしどのような結果であっても、それはお客さまのニードに即したもの。
ソニー生命のライフプランナーはお客さまの立場に立って、公平でお客様に合ったご提案をしています。

ライフプランナーキャッチコピー 家族
ページのトップへ